下げることが可能

限度額や金利の傾向

キャッシングローンの限度額や金利についてですが、はじめての申し込みとなるとあまり大きい限度額を利用することができないです。さらに、これまで一度もお金を借りたことがないとなると世間的なイメージは借金することはよくないといったイメージがありますので借金をしていないことがいいように思えますが、これはキャッシングの審査をする側にとってみれば、まったく借金をしていないとなると本当に貸したお金を返済してくれるかの判断がつかないことになります。つまり、はじめは小額の限度額で金利も高めに設定して融資をするのです。そのため、はじめてのキャッシング申込みから高い限度額や低金利での融資を受けるのはまれなケースなのです。

金利を引き下げる

消費者金融のキャッシングローンの金利は、法律で定められている上限金利一杯の金利で融資しているところが多いので、高金利です。現在は100万円未満であれば18%が上限金利となっています。しかし、歴史を振り返るとつい5年前までは29.2%が上限金利でしたので、それと比べると10%以上も金利が引き下がったことになります。18%からさらに金利を引き下げる方法ですが、金利を引き下げてくださいといったところで素直に引き下げてもらえることはないです。それは、金利は限度額に応じて決まっているからです。つまり、金利を引き下げてもらうには限度額を増額しないと引き下げてもらえないことになります。返済実績に応じて増額できるかは決まります。

Page Top