低下している

低金利化が進む住宅ローン

ここ数年住宅ローンの低金利化が進んでいます。特に大手銀行では10年固定の住宅ローンで年1%を切る水準になっています。ここまで住宅ローンの低金利下が進んだ背景の一つに、アベノミクス政策の一端を担った日本銀行の金融緩和政策により日本国債の利回りが低下したことが挙げられます。 そのため、数年前に住宅ローンを組んだ人は当初契約時高い金利で借入しており、当初組んだ住宅ローンを借換をしメリットを享受する人も増えています。そのような方は、住宅ローンの借換にあたりシミュレーションを参考にし借換を行っています。シミュレーションは住宅ローンの借換を検討している金融機関で簡単に取得することができます。シミュレーションの注目点とシミュレーションの活用方法について以下で説明します。

注目点と活用方法

シミュレーションの注目点は、金利と支払総額にあります。当然金利は借換先の住宅ローン金利が低ければ低いほどメリットがあります。また、支払総額については、借換にかかる既存のローン解約時と借換先で新たにローンを組む際に要する諸費用を加味して比較することが必要です。仮に借換先との金利差が小さい場合、ローンの総支払額が小さくなってもコスト負けするケースもあるため注意が必要です。 シミュレーションの活用方法としては、借換を検討している複数の金融機関のシミュレーションを比較する方法があります。複数の金融機関での借換を比較検討することで最もメリットが享受できる住宅ローンの借換先が分かりますので、シミュレーションを十分に活用しましょう。

Page Top